便秘 カチカチ 出ない

便秘でカチカチ便が出ない…その原因とは!?

スポンサーリンク

便にも水分が含まれています。
その水分量が少なくなってしまうことによって便が固くなります。
時には出ない状況にもなってしまい便秘になってしまうこともあります。
このようにカチカチになってしまった原因にはどのようなことが考えられるのでしょうか??
カチカチに固くなってしまうと排便が終わるまで時間がかかってしまいキレ痔になってしまうこともあります。
通常の便の状態だと水分は80%含まれていると言われています。
バナナのような柔らかさで程よく弾力があるのが通常の便と言えます。
排便時に痛みも伴いませんので苦痛はありません。
回数は一日一回でも大丈夫ですが便秘になってしまうと数日出ないなんてこともあります。
カチカチになっていると水分量というのは60%ほどまで落ちていることがあります。
また色が黒くなったり、水分が不足してスカスカになったりします。
このような状況になる原因には腸内の悪玉菌が影響していると考えられます。

スポンサーリンク

悪玉菌が増えてしまうことによって善玉菌は不足してしまいます。
水分や善玉菌が不足してしまうと便に含まれている水分を身体が吸収してしまうことによって便の水分量が落ちて固くなる原因となります。
水分が含まれていないということは大腸の中で動きにくくなってしまい出口へとスムーズに移動ができなくなってしまいます。
それでは排便することが難しくなってしまいますので便秘の原因ともなります。
このような場合は水分不足が原因となっていますので水分を補給することが解消することにつながります。
食事以外で水分を補給量は一日で約1.5L〜2L必要と言われています。
汗や尿などによって水分は失われていきますのでこまめな水分補給というのがおすすめです。
オススメな飲み物は水、麦茶、ハーブティーなどのカフェインが含まれていないものが好ましいです。
カフェインというのは利尿作用がありますので水分を排出してしまいがちになります。
冷えすぎているものや熱すぎるものは腸の働きを低下させることにもつながりますので常温や人肌程度にして飲みましょう。

スポンサーリンク