便秘 オナラしか出ない 改善

便秘でオナラしか出ない!オススメ改善方法3選

スポンサーリンク

便秘になってしまうとオナラしか出ないことがありますよね。
その原因は食物繊維の不足や運動不足、ストレスや腸内環境の変化などさまざまなことが原因となって起こります。
便秘の改善方法を4つ紹介していきましょう。
1、 運動をしましょう!
仕事に忙しくなってしまうと運動不足になりがちです。
排便の際には腹筋などの筋肉も少なからず使いますし、運動をしていないと大腸の動きも低下してしまうことがあります。
水分をこまめに摂るようにしながら運動を行い、便秘を改善しましょう。
2、 食物繊維を摂りましょう!
食物繊維を摂るということは重要です。
しかし間違った摂り方をしていると症状を悪化させてしまうこともありますので注意してください。
食物繊維には2種類あり、水溶性食物繊維と不水溶性食物繊維の2つがあります。
これは水に溶けるか溶けないかの差です。
水溶性食物繊維は海藻や、こんにゃく、果物などに含まれており、不水溶性食物繊維はレタス、キャベツ、ゴボウなどに含まれています。

スポンサーリンク

不水溶性食物繊維は水に溶けませんので水分を含むと膨らみます。
そのため便の量を増やしてくれますので大腸を刺激しやすくなります。
刺激することによって大腸の動きは活発になります。
水溶性食物繊維は水に溶けますのでゼリー状になり、便に含まれることによって便の水分量を増やしてくれます。
この2種類をバランスよく摂ることが大切で、理想の割合は不水溶性食物繊維が2、水溶性食物繊維が1ですので2:1となります。
便秘でオナラしか出ない場合には食物繊維を摂りましょう。
腸内の善玉菌を増やしましょう!
腸内には善玉菌と悪玉菌の2種類の細菌があり、善玉菌を増やすことによって大腸の動きが活発になります。
乳酸菌などは善玉菌を増やす効果が期待できますのでヨーグルトなどの乳製品、キムチ、漬物、納豆などの発酵食品にも含まれています。
3、 ストレスを解消しましょう!
大腸は自律神経によってコントロールされています。
そのためストレスや過労によって自律神経が乱れていると大腸の動きも低下してしまいます。
オナラしか出ない場合には規則正しい生活や適度な運動を行うことによってストレスも改善していきましょう。

スポンサーリンク