臨月 便秘 腹痛 陣痛

臨月の下痢や腹痛は陣痛が始まるサイン??

スポンサーリンク

臨月になると腹痛になりトイレに行く回数が増えたと思ったら陣痛が始まっているなんてことがあるそうです。
初期の陣痛の痛みというのは人それぞれですのでものすごく痛む人もいれば下腹部が痛い程度で済む人もいます。
生理痛が少し重くなったような腹痛だったという人もいますので一概にどのような痛みかというのはわかりません。
ただの腹痛で下痢から来るものかな?と思っていたら実は陣痛の始まるサインで本陣痛が始まっていたなんてこともありますので近づいている人が注意しておきましょう。
臨月に入ると下痢などの症状が増えることはあるのでしょうか??
これは人によっても異なりますがほとんどありません。
しかし個人差があり、下痢が多くなる人もいます。
これはホルモンが関係していると考えられます。
妊娠した後はプロゲステロンと呼ばれるホルモンが多く分泌されます。
これは妊娠状態を維持しようとする物質で流産を防止するため、他にも胎児の成長を促進させるための物質です。

スポンサーリンク

胎児の成長を促すのですが母体には腸の働きを低下させてしまいます。
そのため妊娠中は厳秘になってしまうことが多くなっています。
しかし臨月に入ることによってプロゲステロンの分泌は徐々に少なくなりますので下痢や快便などになることがあります。
妊娠中に便秘がちになりやすくなるお母さんにとっては改善したいものの一つだと思います。
プロゲステロンの他にも原因は考えられます。
骨盤側に赤ちゃんが下がることによって腸は圧迫されます。
圧迫されることによって便秘となる場合があります。
他にも運動不足やストレス、疲労などが原因となり、便がスムーズに出せなくなってしまうことがあります。
食物繊維をとることで改善する効果が期待できます。
この場合には水溶性食物繊維と不水溶性食物繊維の2種類がありますので、それぞれバランスよくとるようにしましょう。
軽いウォーキングなどでストレス発散や運動不足の解消をすることも大切です。

スポンサーリンク