便秘 薬 飲む タイミング

便秘薬を飲むベストタイミングとは!?

スポンサーリンク

便秘になるとさまざまな症状が起こりますので早めに解消したいと思うもの。
しかし飲むタイミングや飲み方などを間違ってしまうと危険なる場合やおかしな時間に効果が現れてしまうなどのことが起こります。
そのため薬に頼るべき時ではないときに服用してしまうと効果的に使えないこともありますので、効果的に使用する方法についてお話していきましょう。
便秘薬(下剤)を使用するベストな時というのはどのようなときなのでしょうか?
まず先に言っておきますが毎日服用するには危険となる場合がありますので注意してください。
・2日、3日便が出ずにお腹が張ってきたとき
お腹が張ったり膨らんで生きている場合には便が溜まっていると考えられます。
この場合には服用することを考えましょう。
・腹痛や腰痛などの症状が出ているとき
上記のように便が溜まりお腹が膨らむと腰痛などの症状を引き起こします。
そのため身体に負担になることが考えられます。
・月経前で便が詰まっているとき

スポンサーリンク

この場合には月経前にでる物質が影響を与えて便秘になりやすい時期です。
改善されない場合には薬を使用しましょう。
このような時期に服用することを検討してみてください。
また飲むタイミングは効き目がいつ現れるかも考えて服用するようにしてみましょう。
効き目が現れるのは種類によっても異なりますが約6時間〜8時間ほどで効いてくる場合が多いですので仕事や学校の途中に効果が現れないようにしましょう。
また飲み方も気を付けてください。
牛乳などの乳製品と合わせて服用してしまうと腸で溶けなければならないものが胃で溶けてしまうことがあります。
通常であれば酸性の胃の中では溶けませんが牛乳などによって胃酸が中和されると胃で溶けてしまうことがありますので腹痛や吐き気などを引き起こすことがあります。
服用する量にも気を付けましょう。
薬の種類によっては自分で調節するタイプのものもありますので多すぎないようにしましょう。
多すぎてしまうと依存してしまうことがありますので特に注意が必要です。

スポンサーリンク