便秘 薬 アルコール 影響

便秘薬とアルコールを一緒に飲むと悪影響が出るってホント?

スポンサーリンク

便秘になるとさまざまな症状に見舞われますのでいち早く治したいと思う人は多いですよね。
そんな時に頼りになるのが薬の力です。
しかし仕事で立て込んでいるときなどには、ついつい手元にある飲み物で飲んでしまうことがあると思います。
それには副作用が伴うこともあります。
今回はアルコールとともに服用してしまった際の影響についてお話していきましょう。
まず先に言っておきますが、これは【絶対】にやめましょう。
【悪影響】しかありません。
これは便秘薬だけにいえることではありませんがアルコールとともに服用した場合には効き目が強くなってしまうことがあります。
また効き目が無くなってしまうこともありますので絶対にやめましょう。
なぜ効き目が強くなってしまうかというと肝臓が関係しています。
アルコールを分解するのが肝臓です。
薬を分解するのも肝臓です。
そのため肝臓がお酒を分解することを優先してしまうことによって薬を分解するのを後回しにしてしまうことがあります。

スポンサーリンク

その場合には分解されずに強い効き目のまま身体に溶けだしてしまうことになります。
便秘薬の他にも飲み合わせが悪いものがあります。
牛乳は服用する前や服用した直後に飲むことは避けましょう。
これは牛乳には胃酸を中和させる作用がありますので胃で下剤が溶けだしてしまうことがあります。
下剤というのは本来であれば胃で溶けないように設計されています。
しかし胃で効き目が表れてしまうことによって胃痛や吐き気などの副作用が起こることがありますので注意してください。
便秘の際に下剤を飲むということは無理やり排便を促しているということです。
これは身体にとっては負担となってしまいます。
上述したようにお酒とともに飲んでしまうことなどはさらに負担がかかってしまいます。
また下剤に依存してしまうと慢性化してしまい危険となる場合もありますので注意して服用するようにしましょう。
用法用量を正しく守り、効果的に使用することが大切です。

スポンサーリンク