便秘 薬 副作用 胃痛

便秘薬の副作用によって胃痛が起こる!その危険性とは!?

スポンサーリンク

便秘による辛い症状に悩まされ薬を使用しているという人は多いのではないでしょうか。
お腹の張りや肌荒れ、食欲低下、肩こりなど、その症状はさまざまです。
このように人によって異なりますが悪影響を及ぼしますので早く治したいですよね。
しかし薬には副作用がつきものですので、どんなものがあるのかをお話していきましょう。
下剤は腸まで届いてからはじめて溶けだして効果が現れるようになっています。
しかし腸で溶けてしまう場合があります。
通常であれば下剤というのは酸性では溶けないようになっており、中性で溶けるようになっています。
しかし胃の中が酸性から中世になってしまっていると溶けだしてしまう場合があります。
これは牛乳などの乳製品を飲んでしまうとこのようなことが起こります。
乳製品には胃酸を中和する成分が含まれていますので胃が溶けだしてしまうことがあります。
また胃薬でも同様です。
下剤が胃で溶けだしてしまうことによって胃を刺激して胃痛の症状が起こります。

スポンサーリンク

市販の下剤というのは腸の働きが低下しているのを強制的に動かし排便を促します。
強制的に動かしているということは胃腸には負担がかかりやすくなっています。
そのため胃痛や吐き気、食欲不振などの副作用が起こる場合があります。
市販のものは特にこの傾向が強く刺激性の下剤を使用している場合が多いです。
しかし下痢の種類によっては刺激性下剤では服用することは出来ないものもあります。
出来ない種類というのは痙攣性便秘の場合です。
痙攣性の原因はストレスなどによって腸が活発になりすぎたことによって痙攣してしまうというものですので下剤を使用してしまうことによって症状を悪化させてしまうことがあります。
また、どの薬にも言えることなのですが副作用で常用していると効果が薄れてしまうということがあります。
効果が薄れてしまうことによって飲む頻度が高くなってしまい、さらには毎日飲まなければならない状態にまでなってしまうことがあります。
依存しないように効果的に使用することが大切です。

スポンサーリンク