便秘 ガスがたまる ゲップ

便秘でガスがたまるとゲップがひどくなる!?その原因とは!?

スポンサーリンク

便秘になってしまった際にはニキビや吹き出物が出来たりお腹が張ってしまったり…さまざまな症状に見舞われます。
これは何らかの原因によって腸の働きが低下し便が滞ってしまうために起こります。
低下してしまうことによってガスがたまることがあり、ゲップなどの症状が出る場合がありますのでお話していきましょう。
これには弛緩性便秘と言われる種類が関係しています。
特に女性に多いと言われているもので生理不順、腸内環境のバランスが崩れるなどの主に日常生活におけることが原因となって起こります。
これは大腸の筋肉が低下していることも原因となる場合があります。
これらの原因によって腸のぜん動運動=排便を促し、便を外へ押し出そうとする働きが低下してしまいます。
大腸の筋肉が低下している場合には緩んでしまい押し出す力が低くなってしまい便が停滞するというものです。
便が停滞してしまうと腸内環境の悪化につながりますので悪玉菌が増えてしまいます。
そうすると便が腐敗します。

スポンサーリンク

腐敗してしまうとガスを発生させてしまいます。
このガスはインドールなどと呼ばれておりおならの匂いがきつくなったり腸の中に充満してしまうことがあります。
通常であればおならとなって外へ排出されるのですが便が停滞して出口が狭くなっていますので逃げ場がなくなります。
その場合にはゲップとなって口から排出されることがあります。
ガスがたまる状況になってしまうとこのような状態になってしまいます。
便が溜まっているだけでなくガスがたまることもあり余計にお腹が張ってしまいます。
またこれらのことが原因となって胃が影響を受けてしまうことがあります。
胃の中のバランスが崩れてしまうことにより胃酸過多の状態になってしまうとゲップが多く出る場合があります。
これらのことを解消するには便秘を解消するのが先決です。
適度な運動や食物繊維を食べるなど改善に努めましょう。
また根本的な原因がはっきりしている場合には原因を絶つことによって改善につながります。

スポンサーリンク