赤ちゃん 便秘 一週間以上

赤ちゃんが便秘?便が1週間以上出ない原因とオススメ解消方法

スポンサーリンク

赤ちゃんは毎日排泄を行います。
生まれて間もない新生児の場合にはミルクを飲むたびに便が出ます。
成長とともに便をする回数というのは徐々に減っていきます。
しかし1週間以上も便が出ていないと便秘ではないのかと心配になってしまいますよね??
その原因と解消方法についてお話していきましょう。
上述したように赤ちゃんが成長していく過程で腸の機能も発達していきます。
そのため便をすぐに排出していたのが、消化吸収能力が高くなっていくため便が出る回数も少なくなっていきます。
また腸に溜めれるようにもなりますので回数は減っていきます。
新生児の場合も同様で個人差があり、吸収能力が高い新生児の場合には便の回数が少ない場合があります。
1週間以上出ていない場合には便の状態も観察しましょう。
便が柔らかく通常通りで、機嫌が悪くなっていない場合には便秘にはなっていないと考えられます。
ただし便が硬かったり量が少ない場合にはその可能性があります。
便が硬かったりコロコロした便の場合には注意が必要です。

スポンサーリンク

このような場合には機嫌も見て判断するようにしましょう。
便を排出する際に泣いている、苦しそうにしている、回数も減ったし夜泣きがひどいなどの機嫌が悪い場合には便秘の可能性があります。
お腹が張っている状態や食欲がないような場合も同様です。
悪化してしまうと危険な場合もありますのでおかしいと感じた場合には病院へ連れていきましょう。
その改善方法を紹介していきましょう。
・マッサージをしてあげましょう。
これは大人でも有効な方法でおへそを中心に時計周りに「の」の字を書くように指でなぞります。
食後などに行うのではなくお風呂に入った後などのリラックスした状態で行うことが大切です。
・市販の薬や砂糖湯などを使用しましょう。
病院へ行けない場合には市販の薬で対処しましょう。
鑢を使用する際には薬剤師へ相談してから購入するようにしてください。
砂糖湯を飲ませることによって糖の働きにより便が出やすくなります。
ただし甘いものを上げ過ぎるとミルクなどを飲まなくなりますので注意しましょう。
・綿棒で浣腸
おしりに直接刺激を与える方法です。
渇いたままだと痛みが出る場合もありますのでベビーオイルなどで滑りをよくしましょう。

その際には無理にやらないこと、痛がる様子があれば中止してください。

スポンサーリンク