生理前 便秘 吐き気

生理前の便秘と吐き気の原因と改善方法を紹介します!

スポンサーリンク

生理前には下腹部痛、腰痛、頭痛、むくみ、肌荒れなどの人によっても異なりますが、さまざまな症状が現れると思います。
その中に便秘と吐き気の症状が出る場合もあります。
その原因と解消方法についてお話していきましょう。
便秘が起こる原因には女性ホルモンが深く関係しています。
黄体ホルモンであるプロゲステロンが多く分泌されます。
これは生理前に特に多くなり、黄体期とも言われています。
この黄体ホルモンが大腸に悪影響を及ぼしてしまいます。
大腸の働きを低下させてしまう作用がありますので便秘になることが多くなってしまいます。
この解消方法は規則正しい生活と食生活、適度な運動が大切です。
適度な運動によって代謝を活性化させることによって内臓の働きが良くなります。
そのため便が出やすくなりますのでウォーキングなどを行いましょう。
便秘の際にはゴボウやキャベツなどの食物繊維をバランスよく食べることも大切で、善玉菌を増やす乳酸やビフィズス菌などが入っているヨーグルトなどもオススメです。

スポンサーリンク

吐き気が起こる原因は生理前に増えるプロスタグランジンと言われる物質が影響しています。
この物質が増えすぎてしまうことによって下腹部痛が起こります。
血管を収縮させてしまいますので腰痛や倦怠感などの症状が起こりますし、胃腸の働きを低下させてしまいます。
胃腸の動きが低下してしまうということは下痢や吐き気などの症状も誘発されると考えられますのでプロスタグランジンがこのような影響を与えています。
プロスタグランジンの増加を抑える方法は身体を冷やさないということが重要です。
身体を温めて血行をよくしましょう。
また増加を抑える食事があります。
ガンマリノレン酸やDHAの魚油などが効果があると言われています。
アーモンドなどに含まれるマグネシウム、マグロなどの魚に含まれるビタミンB6もオススメです。
吐き気が起こる原因というのはこのようなことが考えられますがつわりも同じような症状だと言われていますので症状が緩和されない場合には気を付けましょう。

スポンサーリンク