便秘 踏ん張る 頭痛

便秘で踏ん張ると頭痛になる!?その原因とは?

スポンサーリンク

便秘になってしまうと肌が荒れたりお腹が張ったりしてイライラしてしまうこともありますよね。
そんな辛い症状に見舞われているのにさらに頭まで痛くなってきた…なんてことも。
これにはどのようなことが考えられるのでしょうか??
【これには踏ん張ることが関係していると言われています。】
便を排出する際にはお腹に力を入れて力みますよね?
この状態の時に身体というのはこわばっていると思います。
踏ん張る際にはお腹周りだけではなく首や肩などの上半身も硬くこわばってしまいます。
自分で意識していなくても力というのは入ってしまうことがありますが、このような身体のこわばりというのが頭痛を引き起こす場合があります。
便秘になって身体に力が入り身体が硬くなったりこわばってしまうことによって血管や神経を圧迫してしまいます。
そのため肩や首の筋肉が硬くなってしまいますので頭痛を引き起こしてしまいます。
これは便通がわるいときだけではありません。
緊張やストレス、運動不足、睡眠不足なども影響しています。

スポンサーリンク

他にも猫背による内臓の圧迫、食べ過ぎによって腹圧が上がってしまうなどさまざまなことによって身体は緊張してしまいます。
逆を言えばこれらのことが原因となって便秘を引き起こしてしまうこともあります。
また上記のように生活習慣が乱れていたりストレスなどが溜まってしまっている状態になってしまうと悪玉菌が増える原因ともなってしまいます。
悪玉菌は便を腐敗させてしまいます。
腐敗させてしまうことによって身体には毒となるガスが放出されてしまいます。
これが超の中の血液や神経などに悪影響を及ぼします。
これが血液とともに身体をめぐると言われていますので肩こりやめまいなどの症状を引き起こすとも言われています。
肩や首に影響が出ると頭痛が起こりやすくなりますので悪玉菌も関係していると考えられます。
踏ん張るということは身体を緊張させてしまっている、悪玉菌が影響していると考えられます。

スポンサーリンク