便秘 解消後 おなら

便秘解消後におならがよく出る原因と改善方法

スポンサーリンク

便秘にはいくつかの種類があります。
それぞれ原因なども変わってきますので自分の症状にあった改善方法をすることは大切となります。
では解消後におならが出るというのは種類とどのような関係があるのでしょうか?
まずは種類についてお話していきましょう。
日常生活や食生活が原因となっているものには種類は3つあり、「弛緩性」「痙攣性」「器質性」の3種類で多くに人が経験しているのはこの3つです。
1、 弛緩性(しかんせい)
代表的なもので大腸の筋肉が緩むことによって起こります。
便を押し出す力が無くなってしまうというものです。
2、 痙攣性(けいれんせい)
痙攣性はストレスや過労などによって自律神経が乱れることによって起こると言われています。
大腸が正常の動きせずに便を押し出す力が強くなりすぎてしまい痙攣してしまいます。
便秘と下痢を繰り返すと言われています。
3、 器質性
これは腸や胃などが病気になってしまった際に影響が出てしまうために起こります。

スポンサーリンク

血便や吐血、嘔吐、腹痛などの症状を伴っている場合には早急に病院を受診しましょう。
便秘の解消後におならが出るというのは弛緩性の場合と考えられます。
上述したように大腸の筋肉が緩むことによって起こりますので下垂状態、下に垂れ下がってしまった状態となってしまっています。
そのため薬などによって排便を促したとしても垂れ下がってしまった部分に便やガスが溜まってしまっていると考えられます。
そのため身体を動かしたりすることによって大腸が動き溜まったガスが外に出てきているのです。
解消後におならが多く起こる場合にはこのようなことが考えられますので大腸の隅々まで綺麗にすることが重要です。
便の形を保つために食事をしっかり摂り、薬に頼らず排便するということが大切になります。
便秘を改善するうえでも食生活というのは最も重要ですので食物繊維や善玉菌などを増やす食品などを積極的に食べるようにしましょう。
適度な運動やストレス発散も行っていきましょう。

スポンサーリンク