便秘 妊婦 踏ん張る 大丈夫

妊婦が便秘で踏ん張るのは大丈夫??

スポンサーリンク

妊娠するとつわりなどが起こるように身体には通常とは違う変化が現れます。
つわりの他にも便秘や下痢などの胃腸のトラブルに悩まされることもあります。
臨月に入ると解消すると言われていますが便秘は初期にはなりやすいと言われています。
妊婦特有のホルモンバランスが変化することによって起こります。
女性ホルモンの一つであるプロゲステロンの増加です。
プロゲステロンが増加してしまうと胃や腸の筋肉を緩めてしまいぜん動運動を低下させてしまいます。
そのため便が硬くなってしまったり、腸の中に便がとどまってしまうことがあります。
妊娠初期の段階ではつわりも多くなりますので食べられるものが限られます。
食物繊維や水分が不足してしまうことも原因の一つとなります。
妊婦は身体の変化が現れるためにストレスが溜まったり疲労が足りやすくなっています。
胃腸というのは精神的に負担が大きくなると働きが低下してしまいます。
これは自律神経の乱れというのは胃腸に出やすいためです。

スポンサーリンク

また運動不足にもなりがちですので、これも要因の一つとなります。
このようなことが原因となって便が詰まってしまう場合があるのですが踏ん張ることで赤ちゃんに影響が出てしまわないかと心配になりますよね。
これは大丈夫です。
踏ん張るぐらいでは流産の心配はないと言われていますので大丈夫です。
排便を行う際には踏ん張るだけでは何も影響はありませんし、踏ん張ることで便が排出されるのであれば改善するためにもその方が好ましいでしょう。
妊婦になるとさまざまなことに気を使わなくてはありませんので大変だと思いますが便秘を改善することが大切です。
あまりにも便が出ないために頑張ってしまった場合には痔になりやすいと言われています。
いぼ痔や切れ痔などを発症する恐れもありますのでほどほどにしておきましょう。
改善するのであれば薬ではなく食生活や生活習慣を見直してみましょう。
赤ちゃんの為にも薬を使用することは少なくしたいですね。
もし使用する場合には医師へと相談し処方してもらうことが安全に服用できると思います。

スポンサーリンク