便秘薬 服用後 食事

便秘薬を服用後の食事についての考察

スポンサーリンク

便秘になってしまうと吹き出物などができてしまったり肌荒れの原因となることもありますしお腹の張りなども出ますので不快な状態となりますよね。
解消方法にはさまざまなものがありますが薬に頼ることもあるかと思います。
薬を飲む際には空腹時に服用するようにと書いてあることがあります。
これは食べ物が胃の中にあると効果が薄くなってしまうというものです。
食べ物が胃に入ったままだと食べ物と便秘薬が混ざってしまうことによって成分が変化してしまうことがあるからです。
特にビタミンCやカルシウムを含んでいるものを食べたり飲んでしまっている場合には下剤の成分を変化させやすいと言われています。
そのため服用後に食事をするというのもよくありません。
食べ物と一緒に運ばれないことによって大腸には届かずに小腸などで効いてしまうとが吐き気や嘔吐などの症状が現れることもありますので注意が必要です。
酸化マグネシウムを含んだものと牛乳を一緒に飲んでしまった場合にも高カルシウム血症という症状が起こる場合があります。

スポンサーリンク

この症状も吐き気や倦怠感、息苦しさなどが現れますので牛乳と酸化マグネシウムは一緒に飲まないようにしましょう。
服用後に食事をしないなどのことに気を付けて服用するということは空腹時に服用するということですがオススメの飲むタイミングがあります。
これは寝る前に飲むということです。
夜寝る前に飲むことによって効果は朝に出ると考えられます。
一般的な便秘薬の効き目はおよそ6時間〜8時間ほどで効果が現れ便意が起こると言われています。
そのため寝て朝起きてしまえば絶好のタイミングになるためです。
また上述したように空腹時に飲むことが前提となっている薬ではお腹が減ります。
そのため睡眠に入ることによって空腹に耐えることができますので一石二鳥です。
しかし薬に頼るということはリスクもあります。
常用してしまうことによって飲まなければ出ないという状況にもなりかねませんので注意が必要です。
服用する際には医師や薬剤師などに相談して服用するようにしましょう。

スポンサーリンク