便秘 薬 何時間後

便秘薬は何時間後に効いてくるのでしょうか?

スポンサーリンク

便秘気味な人はさまざまな解消方法を試しているのではないでしょうか。
適度な運動をしてみたり、ネットなどで知ったストレッチ方法を試したりしていると思いますがそれでも改善されない場合には薬を使うこともあるでしょう。
下剤などの効果によって症状が改善されることもあります。
その際に効果は何時間後に効いてくるのでしょうか??
飲む時間や飲み方によっても変わってきますので解説していきましょう。
市販の便秘薬は何時間後に効いてくるのかというと服用してからおよそ6時間〜15時間程度で効果が出るものが多くなっています。
多くの場合が夜寝る前などに飲むことによって翌日の朝に排便を促すというようになっています。
夜というよりも朝排便をする際の手助けをするということです。
しかしものによっては硬化時間が遅くなる薬もあります。
食物繊維などによって便のかさを増すように作られているものはおよそ12時間〜24時間程度と、その効き始める時間も長くなっているものもあります。

スポンサーリンク

逆に効き目が早いものもあります。
酸化マグネシウムが含まれたものはおよそ4時間〜8時間、硫酸マグネシウムが含まれたものは1時間〜2時間で効き始めるものもあります。
このように効果の時間も種類によってさまざまですので効果が出始める時間を計算することも大切です。
仕事の途中などで飲んでしまい仕事中に効き目が現れてしまった場合には仕事中にトイレに行くことになります。
仕事や学校がある場合に服用するのではなく、できる限り休日の前日や休日に飲むことがおすすめです。
便が出ないからと言って効果が強いものを毎日のように服用してしまうと飲まないと出ないようになってしまうことがありますので注意が必要です。
また薬の中には1回に服用する量が決まっておらず1錠〜3錠と書いてあるものがありますが、これは効果が人によって異なるためです。
このように何時間後に効いてくるのは種類によって異なりますので時間を把握して服用することも大切です。

スポンサーリンク