便秘 吐き気 ゲップ

便秘で吐き気とゲップの原因とは!?

スポンサーリンク

便秘というのは胃腸のトラブルと関係していることがあります。
胃もたれや胸やけ、吐き気などの症状を伴うこともあります。
このように胃腸に異常がある場合にはどのようなことが考えられるのでしょうか。
胃もたれになる場合は腸のぜん動運動という消化の機能が低下してしまったことによって起こるものです。
このような場合は「弛緩性便秘」と呼ばれています。
胃腸の動きが悪くなることによって起こるものです。
他には腸の消化液などが逆流して起こることもあります。
腸は徐々に出口に向かって食べ物を消化吸収していきます。
便が詰まった状態になってしまうと消化液が逆流してしまうことがあります。
この場合も胃もたれやゲップなどの症状が出る場合があります。
ストレスや過労によって自律神経が乱れることが原因となる場合もあります。
このような場合には便秘の他にも眠れない、頭痛、吐き気などの症状があることもありますので生活習慣の見直しも行いましょう。

スポンサーリンク

便秘が原因となってゲップが良く出るような場合には悪玉菌が原因となっている場合があります。
悪玉菌が腸の中に溜まっていると食べ物が腸の中で腐敗することがあります。
そうなるとガスが発生し、便が詰まっていることによって下から排出できないガスは血液に流れ込みます。
また溜まってしまったガスが胃を押し上げることがあります。
この押し上げる際にゲップとなることがあります。
症状が悪化してしまうと逆流性食道炎を発症する可能性がありますので注意しましょう。
悪玉菌が増えてしまっている場合にはヨーグルトなどに含まれている善玉菌がお勧めです。
善玉菌である乳酸菌やビフィズス菌が含まれているものを食べることによって悪玉菌の増殖を防ぐことが出来ます。
この場合は食べ過ぎには注意してください。
上述したようにストレスや過労が原因となって便秘となっていることもあります。
その際には適度な運動でのストレス発散や生活習慣を見直すことによって症状を改善していきましょう。

スポンサーリンク