便秘 解消 改善 食事 原因

便秘の原因や改善、解消、オススメの食事などについて解説します。

スポンサーリンク

便は胃腸によって食べ物が消化されていき徐々に成型されていきます。
固形物として入ってきたものを胃の中でドロドロに溶かし小腸へと送られ大腸で形となっていきます。
この胃腸の働きのことをぜん動運動と言います。
大腸の中で便がとどまってしまうことを便秘と呼んでいます。
このサイトでは基礎知識から詳しい症状まで解説していますので他のページもご覧ください。
ここでは大まかな基礎知識の部分をお話していきましょう。

 

【種類】
大まかに分けると種類は3つ存在します。
「弛緩性」「痙攣性」「器質性」の3種類を紹介していきます。

 

「弛緩性」
多くの人に見られる代表的なものです。
日常生活の乱れなどによって起こり、大腸の筋肉が緩むことによって起こります。
筋肉が緩んでしまうことによって便を排出する力が足りなくなってしまうというものです。
「痙攣性」
ストレスや過労などの自律神経の乱れが要因となって起こることが多いです。
自律神経が乱れることによって大腸の働きが活発になり過ぎて痙攣をおこしてしまいます。
「器質性」
他の期間、腸や胃、肛門などの病気が原因となって起こるものです。
伴う症状は病気によって異なりますが嘔吐や腹痛などの症状を伴います。

 

【原因】
上述したように弛緩性便秘が最も多い種類です。
これは日常生活が関係しており、食べ物の偏りや運動不足などが挙げられます。
食べ物は特に食物繊維が不足することによって起こります。
運動不足によって筋肉が低下してしまい排便に必要な腹筋などの働きが低下してしまうことによって起こります。
ストレスや過労などの自律神経の乱れというのも多くの原因となっています。
胃腸はストレスの影響を受けやすいと言われています。
水分不足、薬の副作用、月経前のホルモンバランス、妊娠などさまざまなことが原因となり引き起こされることが考えられます。

スポンサーリンク

【症状】
さまざまな症状が現れますので一般的なものを紹介します。
便が溜まっている状態ですのでお腹の張りや腹痛は多くの人に起こります。
そのほかにも肌荒れ、ニキビ、倦怠感、不快感、腰痛、肩こり、食欲不振、痔など身体にはいろいろな影響が現れます。
これらの症状が起こりますし出ないとプレッシャーにもなりやすいのでストレスによってイライラしてしまうこともあります。

 

【解消方法】
どこを調べても同じことが書かれていると思いますがまずは食事を改善することです。
食物繊維をバランスよく摂り、善玉菌を増やす乳製品などを食べることが一番の改善方法です。
運動不足の場合は適度な運動をすることによって筋肉を鍛えることにもつながりますしストレス発散にもつながりますので積極的に行っていきましょう。
「食事を規則的にバランスよく」
「適度な運動やストレッチ」
まずはこの2つを心がけましょう。

 

【便秘に効果のある食べ物】
食物繊維の効果が高いと上述しましたが食べ過ぎには注意が必要です。
食物繊維には2種類あり、水溶性食物繊維と不水溶性食物繊維があります。
水溶性食物繊維…果物や海藻類に含まれており便を柔らかくする作用があります。
不水溶性食物繊維…水に溶けませんので便の量を増やせます。
これをバランスよく摂ることが重要です。
不水溶性食物繊維ばかり食べてしまうと症状が悪化することがありますので注意しましょう。
オススメな食べ物はプルーン、ヨーグルト、バナナ、リンゴ、オリーブオイルなどです。

 

【まとめ】
便秘が長期化している場合には注意が必要です。
他の病気が隠れている場合もありますのでおかしいと感じる場合には病院を受診しましょう。
薬の使い過ぎにも注意してください。
自分の症状にあっていないものを使用すると悪化してしまうことがあります。
薬剤師や医師に相談して服用するようにしましょう。
できるだけ薬に頼らずに治療していくことが大切です。

スポンサーリンク